投資信託をはじめよう

ETFの主な仕組みをみていこう

投資信託で良く聞かれる、ETFの仕組みについて、ここで詳しくご説明しようと思います。
まず、ETFには現物拠出型と呼ばれるものがあります。
これは、証券会社や機関投資家などの指定参加者が市場で買い付けた現物株バスケットと呼ばれる現物株の集合を運用会社に拠出することを意味します。
これらを元にETFが運用会社によって設定され、指定参加者は受益証券と呼ばれるETFの持ち分を示す=証券を受け取るのです。
つまり、指定参加者は保有するETFと交換に現物株バスケットを交換する事が可能なのです。

 

現物株バスケットは、ETFと相互の交換が可能なので、本質的な価値は全く同じと言えます。
よって、現物株バスケットはETFの動きと連動し、現物株バスケットがすべてTOPIXの銘柄になっているのであれば、その現物株バスケット=ETFもTOPIXと連動していると言えるのです。
指定参加者に対して発行される受益証券(ETF)は、証券取引所に上場されるので、一般投資家においては上場したETFの証券を購入したり、売却することでこれらの取引を行っています。

 

リンク債型ETFと呼ばれる債券は、指標等によって価格が連動する債券を意味します。
リンク債型ETFでは、指定参加者が金銭を運用会社に拠出することでETFが設定されます。
この金銭は、指標で連動するリンク債へと投資が行われ、ETFとリンク債務はお互いに価格連動することになるのです。
指定参加者はETFをリンク債と交換する事が出来ます。

 

これらのリンク債型ETFは、現物で拠出することが困難な新興国等で、株式指数連動するETFとして広く普及しています。