投資信託をはじめよう

独立区分であるMMF、MRF、ETFについて

投資信託で良く聞く、MMFとは一体どういう意味でしょうか?MMF、MRF、ETFなどの意味と、その役割について見ていく事にしましょう。

 

まず、MMFとはマネー?マネージメント?ファンドの略称で、公社債投資信託のひとつです。
MMFでは毎日決算をし、国内外の公社債や短期型の金融商品を運用していくのが特徴です。
一般的には買い付けより30日未満で換金する事で、信託財産留保額というものが1万口で10円程度掛かります。
次のMRFは、マネー?リザーブ?ファンドの通称で、こちらも公社債投資信託に分類されます。
MRFでは毎日決済を行い、国内外の公社債など、安全性の高いものや短期型金融商品を軸にして運用しています。
証券総合口座ではこのMRFを、資金プールの目的で用いられる事が多く、受益者も多いのが大きな特徴です。
購入や換金は一円単位で行われます。

 

最後にETFについてみてみましょう。
ETFはExchange Traded Funds=ETFというのが正式名称で、日本語では上場投資信託と呼ばれています。
これらは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)と連動しながら運用されており、証券取引所で上場されている投資信託のことを意味します。
TOPIXと連動するETFは、TOPIXの値動きと同じ様に運用されていきます。このようなETFを保有する事は、TOPIX全体に対して投資をしている効果があるのです。
一部の外国籍ETFも日本の市場に上がっていますが、これらの事も総じてETFと呼ばれる事があります。

 

ETFは、現物拠出型ETFとリンク債型ETFと呼ばれるものに分類されます。
これらは現物株の拠出によるか、よらないかによって分類され、ETFの中でも様々な運用の仕組みが存在することが判ります。