投資信託をはじめよう

投資信託の種類あれこれ

投資信託の種類にはどのようなものがあるのか、見ていく事にしましょう。
投資信託は様々な見方によって、分類の仕方が違ってきます。
まず、投資信託の制度的な面によって、いくつか分類してみる事にしましょう。

 

投資信託には、どのような形態があるかと言うと、まず契約型と呼ばれる、運用会社と信託銀行の信託契約によって成り立つ投資信託があり、もう一方は、投資目的の法人が設立されることによって出来る会社型という形態の2種類の投資信託が存在します。

 

次は、投資信託が購入出来る時期について、種類を分類してみましょう。
投資信託には単位型と呼ばれる、投資信託が行う募集期間(立ち上げる期間)中にだけ購入出来る投資信託と、追加型と呼ばれる、原則的には投資信託の運用期間中なら、いつでも購入出来るというタイプが存在します。
誰でも買えるのか?というと、これも大きく2つに分類が出来、公募で取得出来る方法もあれば、私募と呼ばれる、機関投資家やごく少数の投資家にだけ取得できるような投資信託が存在するのです。

 

では、投資信託の払い戻しはどのようになっているのでしょうか?
投資信託には、オープンエンド型とクローズエンド型と呼ばれる払い戻しの型に大きく分けられ、前者が原則いつでも(運用期間中)払い戻しするのに対し、後者は、運用期間中には払い戻しを行わないという特徴を持っています。

 

投資信託には約款の中に株式投資出来ると記載されているものと、株式投資出来ないと記されるものがあります。
株式投資出来るものを株式投資信託と言い、出来ないものは公社債投資信託と呼ばれています。
これらは収益にかかる税率が違ってくるので、あらかじめ確認しておく必要があります。