投資信託をはじめよう

投資信託では、リスクを上手く回避しよう

投資信託に存在するリスクを上手く回避して、賢く資産運用できるように、様々な注意点について見ていくことにしましょう。
まず、資産運用では卵はひとつのカゴに盛るなという、ことわざが頻繁に引用されます。
このことわざの意味はひとつに持ったカゴを落とせば全ての卵が割れる、しかしカゴを幾つかに分けておけば、ひとつのカゴを落としても全ての卵を失うことにはならないという意味を示しています。
このように資産運用では、投資先や投資する時期等を上手に分散させることが重要だと言われています。

 

資産運用の世界では、ローリスクでハイリターンというような金融商品は存在しません…。
しかし上手にリスクを回避し、資産運用を成功させるポイントは幾つも存在します。

 

まず金融資産は、まとめて一箇所に投資しないようにすることが大切です。
先程の卵の例のように、種類を分散させて投資することで、安定してリスクが分散されます。
投資先には国内外の株式や債券以外に、不動産やコモディティと呼ばれるエネルギーや農作物にも投資することが出来ます。
これらの値動きはそれぞれ異なるので、投資対象を分散しながら、複数の資産に投資する事が可能となっているのです。
また一つの投資信託の中に、数多くの資産に対する投資を行うケースもあります。

 

そして投資信託では、短期保有よりも長期保有のほうは、変動リスクが小さいという傾向も掴んでおく必要があります。
また時間の分散と言って、一度に全額投資する方法ではなく、何度かに分けて投資をしたり、一定額を毎月積み立てていくような方法を用いることがポイントになってきます。
このような分散方法によって、投資信託のリスクを小さく抑える事が出来るからです。
ドルコスト平均法と呼ばれる、定期的な一定金額の投資信託を利用することも良いでしょう。


/男性の背中ニキビと本音、治し方まとめ/,男性の背中ニキビと本音、治し方まとめ]