投資信託をはじめよう

投資信託に存在する様々なリスク

投資信託には様々なリスクがあり、上手にリスクを回避していくことが重要です。
ここでは、投資信託のさまざまなリスクについて学んでいくことにしましょう。

 

まず投資信託では、値動きのある債券や株式に投資を行う事で、株式会社の動向などの基準価値の影響を受けるとされています。
よって、投資信託には銀行預金のような元本の保証が無いのが特徴となっているのです。
投資信託が株式や債券の価格変動によって受けるリスクを価格変動リスクと呼びます。
これらの株価は、市場での需要によって最終的に決まるのですが、一般的には国内外の政治や経済の情勢、また企業の業績等が大きく影響してきます。

 

次に為替変動リスクと呼ばれるものがあります。
これは、為替レートの変動する可能性を意味します。
外国通貨建で資産投資する投資信託では、円高の時には基準価額がマイナスになり、円安の場合ではプラスの効果が生まれます。
海外の株式や債券を運用する様な投資信託では、為替変動によるリスクがつきものです。

 

債券を発行する企業や国が、経営不振や財政難などに陥った場合は信用リスク(デフォルト)と呼ばれる、利息や償還金を支払えないようなリスクが生じます。
このリスクについては、海外での信用不安問題などをニュースで見る事も多いので、ご存知の方が多いでしょう。

 

最後に金利変動リスクというものが存在します。
これは、金利変動の可能性を指します。
債券価格は一般的に、金利が上がると下落するとされています。
また、金利が下がると債券価格が上がるという仕組みなのです。
保有する債券が満期までの期間が長い場合、このような金利変動による影響を多く受けることになります。