投資信託をはじめよう

投資信託って安全なの?

投資信託は、それぞれの機関である販売会社運用会社信託銀行が、役割をきちんと果たす事で、はじめて成り立つ金融商品です。
もし、これらの機関のどれかが破綻するような事態に陥れば、いったいどういう事が起こるでしょうか?
ここでは、各機関が破綻した場合について、詳しく見ていく事にしましょう。

 

もし仮に、販売会社が破綻した場合はどうなるのでしょうか?
販売会社は、投資家とお金のやり取りを行っていますが、お金は信託銀行が管理、保管をしてくれています。
従って、もし販売会社が破綻する様なことになっても、信託財産はきちんと守られています。
保有している投資信託は、新たな販売会社へと移され、移管先の販売会社によって再開することが出来るのです。

 

次に、運用会社が破綻した場合はどうなるでしょうか?
運用会社は投資信託の運用指示を行う機関です。
しかし、投資信託の管理や保管等は一切関わっていないので、万が一破綻する様なことがあっても、運用している信託財産には影響が無いのが基本です。
その際の投資信託は、別の運用会社によって引き継ぎが行われるか、繰り上げて償還されるようになっています。

 

最後に、信託銀行が破綻した場合をみてみましょう。
信託銀行は投資信託の信託財産を管理、保管する機関ですが、信託財産については、信託銀行の財産と区分して保管する事が、法律で義務づけられているのです。
このような事から、信託銀行が万が一破綻したとしても、信託財産は守られているので非常に安心出来ます。
破綻した時の基準価値によって、解約もしくは別の信託銀行に移管をすれば、そのまま投資家の信託財産は保有され続けるのです。

 

このように投資信託は、それぞれの機関がしっかりリスクを回避する仕組みを確立しているので、安全な金融商品と言えるでしょう。
しかし、運用結果の損失はこれらの問題とは全く別なので、注意が必要です。