投資信託をはじめよう

定期分配型ファンドを始めてみよう。

短期間に分配金を受け取ることが出来る定期分配型ファンドは、定期的に利益が得られる楽しみが多いと、多くの方が利用している人気のファンドになります。
ここでは定期分配型ファンドについて、詳しく見ていくことにしましょう。

 

定期分配型ファンドは、毎月ごとや、3ヶ月毎など、一年の内に数回決算が行われるので、安定的に分配金が支払われる特徴を持つファンドになります。
しかし、将来的には分配額が変更されたり、決算後でも分配のない場合もあるので注意しておく必要があるでしょう。

 

大まかに分類すると定期分配型ファンドには、次のようなものがあります。
まず一つ目は、分配型と呼ばれる、分配金を定期的に現金で受け取れるもの。
そして再投資型と呼ばれる、収益分配と税引きの後、再び投資を行う方法の2つがあります。
そして、一定期間は分配をしないで運用のために収益を運用していく無分配型と呼ばれるものもあります。

 

定期的に分配される定期分配型ファンドは、年金や退職金で生活を送る世代には非常に人気が高く、定年を迎える準備として、これから始めるのにもおすすめの投資信託と言えるでしょう。
反対に若者など、これから働き稼いでいくような世代にとっては、定期分配型ファンドよりも、複利効果を狙ってどんどん再投資するような、投資信託がおすすめです。

 

定期分配型ファンドは、分配後には基準価額が下がるので、長く運用をするのであれば、別の投資信託を検討する方が良いでしょう。
これらのファンドは長期的な資産の運用には向いていないので、それぞれのニーズに合わせた投資信託を選ぶ必要があります。