投資信託をはじめよう

ETFのメリットとデメリット

ETFは一般的な投資信託とは違い、証券取引所で上場され、市場で売買が行われるという特徴を持っています。
このため、市場の開かれている間は株式と同じように、ETFを売買することが出来るのです。
ETFの取引は、上場している株式と全く同じで、指値注文や信用取引が出来るのが大きなポイントとなっています。
取引の仕方は株式と同じように行われますが、ETFは投資信託なので、受益者に対しても、分配金がきちんと支払われます。

 

しかし、一般的な投資信託と比較するとETFは信託報酬が低くなっていることがわかります。
これはETFが、一般的な投資信託と違って、販売会社に対して信託報酬を支払うことが無かったり、ETFではインデックス運用を行うため、企業を調査する際のコストが掛からないというのが主な理由です。
また、現物拠出型のETFの場合は、売買にコストが掛からないので、このように信託報酬が低くなっているのです。

 

ETFは証券会社で購入します。また、購入価格はその時々の取引価格で購入します。
そして、注文方法は成行や指値注文などの方法が選択出来、一般的な投資信託のブラインド方式とは違った注文方法になります。
ETFの最低投資金額は、その多くが10万円程度の資金を必要とするので、この点でも投資信託とは準備する資金の額が大きく変わってくるのです。
そしてETFでは信用取引が出来るのが大きなポイントとなっています。

 

ETFには、価格の変動によるリスクや、発行体リスクと呼ばれる、リンク債を使用する場合に生じるリスク、そして市場の需給によって生まれる流動性リスク等が存在します。
市場の急変時や、運用の仕方によって、連動を目指した指数の値動きより、乖離するリスクも存在します。