投資信託をはじめよう

投資信託を換金しよう、開設から受け取りまでの流れ

ここでは、一般的な投資信託での購入から換金までの流れを簡単にご説明したいと思います。
まず証券会社や銀行等、金融機関で口座を開設します。場合によってはインターネットで申し込みが出来ることもあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

口座が開設が出来たら、次に購入代金を支払います。
そのまま入金が確認されると取引報告書が交付されるので受け取りましょう。
その後、定期的に取引の明細や預かりの残高が取引残高報告書として届くので、随時確認をします。
ファンドの決済日が来たら、分配金を受け取る事が出来ます。
このような分配金は、分配金についてのお知らせや分配金再投資についてのお知らせなどが届くので、すぐに知る事が出来て便利です。
分配金は決算日から、原則として5営業日までに支払いが行われます。

 

換金の場合、販売会社に電話連絡をする必要があり、換金の申し込み後は4営業日以降を目安に支払われ、代金を受け取る事が出来ます。
また、ファンドの償還を行う際には、償還日に合わせて償還金のお知らせが交付されるので、大変便利です。
償還金の代金受け取りも、原則として5営業日までには支払いが行われ、この際に償還報告書が発行されます。

 

投資信託の場合、分配金を受け取るのか、それとも再投資をするのか迷ってしまいがちですが、短期間でしっかり収益を確定したいのであれば、まずは分配金を受け取ってみましょう。
もし、今後の運用も上手く行くと確信出来るのであれば分配金投資を行い、再投資をするのも良いでしょう。
もしかすると、複利効果が更に高まるチャンスも十分あり得るからです。