投資信託をはじめよう

投資信託の説明書である、交付目論見書について

投資信託の説明書である交付目論見書は、これから購入する予定の投資信託について必要な重要事項や、投資判断の説明が判るようになっています。
この書類は、投資信託を購入する投資家に対して事前に配られるものです。
投資信託説明書(交付目論見書)には、購入時に重要とされる事項も含まれているので、必ず目を通すようにしてください。

 

次に投資信託説明書(交付目論見書)の中で書かれている事について、詳しく見ていくことにしましょう。
投資信託説明書(交付目論見書)には、ファンドの目的や仕組み等が詳しく説明されています。
どのような目的で、何に対して投資しているのか一目で分かるようになっているのです。
中では投資のリスクである、価格変動リスクや為替変動リスク、金利変動リスクなどの様々なリスクについても詳しく説明がされています。

 

投資信託説明書(交付目論見書)の中には運用実績としての、これまでの基準価額や、純資産総額の推移していく様子や、分配金、年間収益率の推移についても詳しく知る事が出来ます。
このように投資信託の過去実績を確認できるのが投資信託説明書(交付目論見書)の役割なのですが、新設されたファンドの実績は記載されていません。

 

投資信託説明書(交付目論見書)で記載されている項目や、記載の順序はすべて統一されています。
この説明書によって、ファンドの際に必要な税金や諸費用等について詳しく調べる事が出来るのです。
こういった目論見書には、交付目論見書と請求目論見書が存在し、交付目論見書は、投資家が受け取る説明書であるのに対し、請求目論見書は、投資家が請求する場合に交付される目論見書であって、経理の状況やファンドの沿革など、追記的な情報を知らせる役割を果たしています。