投資信託をはじめよう

投資信託で聞かれる、基準価値って何?

投資信託では口(くち)と呼ばれる取引の際に使われる単位があります。
仮に、1口=1円で購入する投資信託は、運用開始後、その成果によって1口あたりの値段が変動していくのです。
基準となる価値は、投資信託1口あたりの値段で現し、この基準によって投資家が投資信託を購入したり、換金したりする際に適用されます。
純資産総額というのは、投資信託による資産の中で投資家に帰属する額の事を指します。
このような総資産総額を総口数(投資信託の総口数)で割ると、基準価額と呼ばれる1口あたりの価格が計算出来るのです。

 

証券取引所の上場株式は、常に株価が動いており、マーケットの開かれている間は、その時々の株価によって売買する事が出来ます。
しかし投資信託の基準価格は、株式や債券などの時価評価によって算出が行われ、1日1つの価格として公表されるのが特徴です。
投資信託の購入や換金はこのような基準価値によって取引されるのです。

 

また、投資信託ではブラインド方式という取引方法を採用しており、投資信託の基準価値は、投資信託の取引が閉め切られた後でしか分からないようになっています。
基準価格が分かった上で投資信託の取引が行われると、投資家がすでに保有している利益が阻害される恐れがあるからです。

 

次に、購入時と換金時の差額によって生み出せる利益以外の分配金制度について説明していきましょう。
分配金とは、投資信託の決算時に、保有口数にそって投資家に分配されるお金のことで、株式や債券に対して投資信託が得る収益によって、投資信託の信託財産から支払いが行われます。
このため、分配金の支払い後は、分配した分だけ純資産素額や基準価額が下っていくのという性質があります。

 

分配金の支払い方法は、それぞれの投資信託によって方針が違います。
毎月支払われるものや、1年に1回のもあり、決算内容や方針によっては、分配金が支払われない事もあるので、十分注意することが必要です。


小口資金の管理にはクレジットカードを利用する

クレジットカードはすぐ使えて大きい金額の現金を持ち歩く事なくとても便利な資金管理ツールだと知っていますか?

私もクレジットカードでよく買い物をしているのですが、現金を持ち歩くよりも便利だと感じて使っています。まず銀行などで何回もお金を下さなくても、そのままカードで支払いができるというメリットがあります。

忙しい時だと、平日の手数料無料の時間帯ではなく、時間外や休日に急遽お金を下さなければなりません。その度に、銀行の手数料を100円から200円前後支払わなければいけないので、ムダなお金を払っていた時代もありました。今でも家からメインバンクが少し距離がある場所にATMがある為、何回も利用するのは不便です。その点クレジットカードは、特に現金が財布に入っていなくても大きい買い物ができます。

どこのお店で買い物をしても、だいたいのお店で利用できるので、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどよく利用するお店でも困りません。そして、財布に大きい現金を入れておかなくても買い物ができるのは安心です。私は性格上警戒心も強いので、なんとなく財布に30000円など大きい金額を入れておくのは不安に感じます。ちなみに比較検討するならこちらがおすすめ。

だいたいはいざ何かが合った時に使える10000円前後を現金で入れているのですが、大きい買い物になってしまった時でもカードで支払えば問題ないので少しだけお金を入れるようにしています。財布の現金がいざ足りなくなっても、そのままお店でカードを出せば買い物がすぐにできるので安心です。クレジットカードは持つと様々な面で安心感もあり便利ですので、とてもおすすめです。